biglobe光携帯割引『特典が一番豊富な窓口』

auひかりで最高峰に得するプロバイダを見つける

auひかりのプロバイダは何を選んだらいいのか多すぎて迷ってしまっている人は多いのではないでしょうか。

auひかりで契約できるプロバイダはめちゃくちゃたくさんありますが、どのプロバイダと契約したとしても、回線自体はauひかりのものを使っているので変わりません。

ですが、キャッシュバックの総額やキャンペーンの内容には大きく違っていて、プロバイダ選びを間違えるだけで、何万円も損するなんて当たり前にあります。

このサイトでは、光回線の営業をやっていた管理人の私が、あらゆる切り口から本当に最強のプロバイダはどこなのかを検証していきたいと思います。

めちゃくちゃお得なプロバイダを選ぶ秘訣とは

プロバイダ業者というのは回線業者と個人をつなぐ役割をしている業者で、プロバイダがなければインターネットというものが成立しないくらい重要なものなのです。

auひかりで契約が可能なプロバイダには次のようなプロバイダがあります。

GMOとくとくBB、ビッグローブ、ソネット、@nifty、DTI、ASAHIネット

プロバイダはキャッシュバックキャンペーンの金額が違っていたり、オプションのありなしが違っていたりいろいろな違いがあります。

本当に顧客のためになるような優秀なサービスを提供しているプロバイダを選ぶコツとしては以下のようなものがあります。

1,キャッシュバックでもらえる金額と実際に振り込まれる時期

2,実際のダウンロードスピード

3,キャッシュバックにオプションがいるかいらないか

上記の3つのポイントを一個ずつ詳細に解説していきたいと思います。

ポイント1 確実に受け取れるかどうか

回線業者のプロバイダを選ぶときにとにかく大切なポイントとして、金額はもちろんですが、確実に受け取れるかどうかも重要な要素になっています。

プロバイダの業者によっては、何万円も違っているようなところもあります。

キャッシュバックが0円な代わりに月額料金が割引になったりするところもあれば、超高額な現金キャッシュバックをしているところもあります。

どこのプロバイダと契約しても、光回線のauひかり本体自体は変わらないので、基本的な月額料金などに大きな違いはありません。

なので、auひかりを契約するのであれば、キャッシュバックがたくさんもらえるだけではなくて、確実に振り込んでもらえるところを選びましょう。

ポイント2 回線スピードと安定性

回線の速度が実測値としてどれくらいでるのかも確認しておきましょう。auひかり自体の最高速度は1Gbpsとなっていますが、理論値ですので実際にこの数字がでるわけではありません。

もちろんですが、auひかりの回線自体が高速なので、たとえ一番遅いプロバイダから契約したとしても使えないくらい遅いなんてことにはなりません。

ですが、なるべくなら一番早くて回線が安定しているプロバイダを選びたいのは消費者として当たり前の心理だと思います。

ポイント3 オプションが充実しているかどうか

3つめに選ぶべきポイントとしては、セキュリティが充実しているかどうかを見極めましょう。

安全性の高い安心して利用できるインターネット環境を実現するためにはハッキングやウイルスの侵入を防止することが大切です。

プロバイダそれぞれのセキュリティサービスがどれくらい充実しているのかを確認してから使うようにしましょう。

業界最高峰のお得さを誇るプロバイダ

この章ではauひかりのプロバイダを具体的に比較していきたいと思います。

auひかりのプロバイダの比較表は以下になります。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額:61,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:516.02Mbps

★ソネット

キャッシュバック額:55,000円 受取時期:翌月 平均速度:395.14Mbps

★BIGLOBE

キャッシュバック額:50,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:385.45Mbps

★au one net

キャッシュバック額:10,000円 受取時期:4ヶ月後 平均速度:395.14Mbps

★@nifty

キャッシュバック額:30,000円 受取時期:23ヶ月後 平均速度:358.74Mbps

★DTI

キャッシュバック額:38,000円 受取時期:14ヶ月 平均速度:485.29Mbps

あらゆる切り口から見てみると一番お得なプロバイダは圧倒的に「GMOとくとくBB」ですね。

最高額で確実に受取ができるプロバイダとは?

GMOとくとくBBというプロバイダは東証一部上場のGMOが運営しているプロバイダです。

GMOとくとくBBの一番のメリットはなんといってもキャッシュバック総額ではないでしょうか。ですが、受け取り方に注意点があります。

11ヶ月後と23ヶ月後にメールで送られてくる、キャッシュバックの案内を1ヶ月以内に返信しないと、キャッシュバックを受け取ることはできません。

一番高額のキャッシュバックを手に入れたい人には特におすすめのプロバイダです。

回線スピードや安定性なども、auひかりのプロバイダの中で一番優れているのもおすすめポイントの一つです。

GMOとくとくBBの回線速度は約500Mpbsくらいとなっています。他社のプロバイダと比較しても圧倒的な回線速度を維持しています。

マイナーなプロバイダはおすすめじゃない

GMOとくとくBB以外のプロバイダはあまりおすすめできませんが、その理由を解説していきたいと思います。

au one net

このプロバイダはauの名のつくとおりKDDIが運営しています。

そもそもauoneもKDDIが運営していますが、auひかりもKDDIがやっています。

KDDIがどちらも運営しているので、キャッシュバックなどが高そうにも思えますが、全くそんなことはなく1万円しかありません。

なぜ得点などが充実していないのかというと、他社のプロバイダにauひかりを広めてほしいからという目的があります。

auoneからのキャッシュバック金額を減らすことにより、競合他社がプロバイダを売りやすくなるということです。

BIGLOBE

BIGLOBEはもともと電機メーカーのNECが運営を始めたもので、今現在は独立している企業になります。

キャッシュバック金額は最大で5万円くらいとなっています。

とはいっても、BIGLOBEにはキャッシュバック以外のキャンペーンが不十分です。

キャッシュバック金額が5万円以上あって、回線速度も安定していて、オプションなども充実しているGMOのほうがおすすめです。

DTI

こちらのプロバイダは電力系のプロバイダで、東京電力の系列になります。

リモートでサポートしてもらえるというメリットがあります。

DTIのキャッシュバックは約4万円くらいありますが、実際に振り込まれるまでの時間が1年以上もあるので、おすすめできるものではありませんね。

auひかりの申し込み方法とは

ここまではauひかりのプロバイダの比較をしてきましたが、申し込み手順を解説していきたいと思います。

何年も契約し続ける光回線を契約するのですから、なるべくお得なプロバイダを選びましょう!一番最強なプロバイダはやはりGMOとくとくBBですね。

GMOとくとくBBのauひかりを申し込むときの手順を解説していきたいとおもいます。

手順1 プロバイダのサイトから申し込み

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトを開きます。

ページの右上にある料金診断をクリックしましょう。

手順2 住所や名前を入力する

次に自分の住所や名前や電話番号などを入力します。

手順3 折り返しの電話をまつ

名前や住所などを入力したら送信ボタンをクリックします。

個人情報などの入力が完了すると、1週間以内に、KDDIから工事の予定確認の電話がかかってきます。

auひかりの工事日程のスケジュールを合わせましょう。

手順4 光回線が開通

光回線の自宅への引き込み工事が完了すると、光回線でのインターネット接続ができるようになります。

auひかりのプロバイダの疑問質問

auひかりのプロバイダと回線に関する質問をまとめています。

質問1 プロバイダだけを乗り換えたい

auひかりはプロバイダのみを解約することができないようになっています。

そもそもauひかりというのは回線とプロバイダがセットになっているので、プロバイダを変更したいときは光回線自体も解約する必要があるのです。

どうしてもプロバイダを変更したいという人は、回線自体を契約し直しましょう。

質問2 解約金や違約金について

auひかりの解約金ですが、以下のようになっています。

auひかりの契約プランによっても違ってきますが、戸建ての場合だと約1万5千円、マンションの場合だと半分の8000円くらいとなっています。

この解約金はどこのプロバイダ経由で契約していたとしても同じ料金となります。

質問3 使用しているプロバイダをチェックするには

自分の契約しているプロバイダを調べるには、マイページからチェックできます。

マイページのアクセス方法がわからないときは、月額料金の引き落とし明細などに書かれていることもあります。

auひかりで最もお得な申し込み方法とは?

auひかりのキャンペーンはどういう特典があるのか?、どこの窓口が一番得するのか?などなど気になっている人は多いのではないでしょうか。

auひかりの各社プロバイダがやっているキャンペーンを比較してみたところ、GMOとくとくBBが最強クラスにお得であることがわかりました!

数あるプロバイダの中でもGMOとくとくBBが最強!

あらゆる視点から切り取ってみると、GMOとくとくBBが一番お得で、唯一無二のサービスを提供しているといえるでしょう。

GMOとくとくBBなら次のような特典を手に入れることができます。

1,6万円以上もの現金がもらえる

2,毎月約500円のひかり電話が3年間も無料

3,高機能な性能のルーター端末がもらえる!

auひかりの代理店などを具体的に比較する

auひかりのキャンペーンを取り扱っているプロバイダや代理店を比較してみたところ、ダントツでGMOとくとくBBが最優秀でした!

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

これらの比較表を見てみると、auひかりを本当に申し込むのであれば、GMOとくとくBBが一番最強だと一目瞭然だと思います。

実際にauひかりを契約するときに受け取ることができるものには、次のようなものがあります。

実際に適用してもらえるキャンペーンには、auひかりが公式にやっているものと、代理店やプロバイダが独自にやっている2パターンが存在しています。

代理店やプロバイダはauひかりによるインターネットを販売している仲介業者になります。

auひかりを契約するときに、どこのプロバイダ経由で契約したとしても、公式のキャンペーンも適用してもらえるので、ダブルでキャンペーンをもらうことができます。

次の章からは公式キャンペーンの具体的な内容などをチェックしていきましょう!

auひかりの公式特典について

auひかりは、auを運営しているKDDIがやっている光回線業者です。

携帯会社がauであれば、数ある光回線業者の中でもauひかりが一番割引で使えるでしょう。

auひかりの具体的なサービス内容は次のようになっています。

通信速度 最大1Gbps 関東は10gbpsのエリアもあり

提供エリア 全国 静岡愛知岐阜三重大阪京都などは対象外

月額料金 戸建て:5,610円 マンション:4,180円

電話オプション 550円/月

スマホセット割 スマートバリュー 1回線1,100円割引×家族の人数

事務手数料 3,300円

工事費用 実質0円

契約期間 3年と2年の2種類

解約金 3年契約の場合は16,500円 2年契約の場合は10,450円

キャンペーン 実質工事費無料

auひかりが公式キャンペーンとしてやっているものにはいくつかあって、なおかつすべてのキャンペーンを同時に適用することができます。具体的に一つ一つ解説していきたいと思います。

公式キャンペーン1 乗り換え時に負担してくれる

auひかりでは乗り換えキャンペーンとして、競合他社からauひかりに乗り換えるときに、解約金などをauひかりが代わりに払ってくれるサービスをやっています。

解約金のキャッシュバックをもらうには、申し込みから12ヶ月以内に、乗り換えキャンペーンの申請書をauひかりに送付します。

返送すると申請を受け付けてから1ヶ月後くらいにauPAYにチャージしてもらえます。現金では負担してもらえませんのでご注意ください。

auPAYというサービスは皆さんご存じの人も多いと思いますが、au加盟店でそのポイントを使ってショッピングができます。

スマホからauPAYを使うのは基本ですが、スマホがなくてもプリペイドカードから支払いを行うこともできます。

このau公式の乗り換えキャンペーンを肩代わりしてもらうためには、条件があるのでチェックしておいてください。

モバイルルーターや固定ネット環境は適用外となっています。

ずっとギガ得プランとひかり電話に両方加入して、3年以上継続すること。

他社の違約金を負担してもらうためには、ひかり電話とずっとギガ得プランに入らなければなりません。

公式キャンペーン2 初期費用がほぼ無料

auひかりの初期費用というのは工事費用のことですが、auひかりはインターネット回線とひかり電話を同時並列的に契約することにより工事費用を無料にするキャンペーンを執り行っています。

auひかりの工事費用は、戸建ての場合は約4万円くらいかかりますが、これが無料になるということです。

工事費用は分割払いになりますが、これが無料になるという仕組みです。

このキャンペーンを適用すると、工事費用が分割払いで始まるので、途中で解約したとしてもメリットはたくさんありますね。

契約期間が終わるまでauひかりを使い続ければ完全に無料にできるので、是非活用してみてください。

公式キャンペーン3 auスマホがあると割引!

auひかりはauのスマホを使っているお客さんがネット回線とひかり電話を同時に契約することにより、auの携帯1個あたり平均750円くらい割引になる制度があります。

平均というのは契約しているプランによって違いがあるからです。家族全員分を安くできるので、auの利用者にとってはとても喜ばしいキャンペーンでしょう。

上記のように、auひかりは競合他社がひしめき合っている光回線業者でもすばらしいキャンペーンを実施しているのでauを使っている人は圧倒的におすすめといえるでしょう!

公式キャンペーン4 高速プランが割り引き

auひかりでは、ずっとギガ得プランに申し込むことにより、5ギガや10ギガなどの高速プランが550円割引されます。

適用条件は、ホーム5ギガかホーム10ギガを申し込むことが条件となっています。

とはいうものの、このホーム10ギガと5ギガのプランは関東4都県のみしか提供されていないので、適用条件に当てはまる人は限られているというのが現状です。

auひかりのプロバイダが独自にやっている特典とは

auひかりの代理店やプロバイダは、auひかりの公式のキャンペーンに加えてプロバイダ独自のキャンペーンを実施しています。なので、auひかりから直接申し込むより二重にキャンペーンを受け取ることができるのです。

プロバイダがやっている独自のキャンペーンは、プロバイダ各社によって大幅に内容が違っていて、選び方を間違えると何万円も損してしまいかねません。

独自のキャンペーンには、キャッシュバックと、ルーターの端末を無料でプレゼントがあるので、解説しています。

独自キャンペーン1 高額の現金バック

プロバイダなどがやっている多彩なキャンペーンの中で、特に気を引くのが高額の現金バックではないでしょうか。

auひかりを取り扱っているプロバイダや代理店は、公式サイトを圧倒的に上回る高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しています!

一例を挙げると、GMOとくとくBBは戸建ての場合は約6万円、マンションだったら約5万円もの高額のキャッシュバックを実施しています。

独自キャンペーン2 Wi-Fi端末がもらえる!

自分の家でインターネットを楽しむために必要なのがWi-Fiルーターの端末になります。

このWi-Fiルーターの端末を無償でもらえたり、貸し出しをしてくれたりするプロバイダがあります。

GMOとくとくBBだったら、何種類かある高性能なWi-Fiルーター端末を1台もらうことができます。

端末自体をレンタルではなくて無料でもらえるのですから、これほど便利なことはないですよね。

粗悪な申し込み窓口を避ける方法とは

プロバイダや代理店を見ていると、10万円くらいのキャッシュバックキャンペーンをやっていたりするところもあります。

ですが、こういったうまい話には裏があるので、要注意です。

裏のあるキャンペーンを見極めるための注意点について解説しているので、ぜひご覧ください。

注意点1 大量のオプションが必要

高額キャッシュバックがあるときは、オプションの要不要を見ましょう。だいたいたくさんのオプションに入らなければいけなかったりします。

高額キャッシュバックがいくらあったとしても、無意味なオプションで余計な月額料金を払っていたら、時間がたてばたつほどキャッシュバックからすり減っていくという形になってしまいます。

オプションの中には毎月数千円以上かかるオプションがあったりして、キャッシュバック金額をあっという間に上回ってしまってそこからは損失になってしまうなんてこともあります。

家電量販店の高額キャンペーンにはこういったパターンが頻繁に見られるので、そもそも家電量販店で契約するのはやめておきましょう。

ちなみに、ひかり電話への加入はスマートバリューを適用してもらうために必要なので、ひかり電話の加入だけがオプションになっていれば一石二鳥ですね。

注意点2 1年後に振り込まれる

プロバイダや代理店などによっては、キャッシュバックのもらい忘れなどを狙っているようなところもあるので注意しましょう。

もらい忘れを狙っているかのようなパターンというのは、キャッシュバックの受け取り時期が1年とか2年後とかの場合です。

光回線を契約したら確実に振り込まれるわけではなくて、時間差で遅れて申請手続きをしなければならないので、それまで覚えておかなくてはなりません。

こういった、お客さんの申請忘れを意図的に狙っているかのような窓口は避けて置いた方が無難でしょう。

注意点3 実現できないであろう条件がある

現実的に不可能な条件をつけているようなプロバイダなどは注意しましょう。

たとえば、自分が契約し終わった後に誰かを紹介しなければいけなかったりするパターンです。

そもそも光回線とかは一家に一つしか設置できないので、回線を導入していない家庭の人なんて滅多に見つけられないでしょう。

こういうパターンの実現不可能に近い条件があるキャンペーンに申し込んだときは、結局キャッシュバックを1円たりとも受け取れなかったということになりかねません。

こういったパターンもあるので、契約しただけでキャッシュバックがもらえるようなプロバイダを選べば一番最高ですね。

注意点4 月額料金が高くなっている

金額が高いキャッシュバックを受け取れる代わりに、毎月の割引額が減ったり、月額料金がかさんでしまうものに要注意です。

たとえばですが、工事費の初期費用割引がない代わりに、キャッシュバック金額がたくさん受け取れるというものです。

auの場合は初期費用が無料になっているので、工事費も無料になりますが、窓口によっては工事費の代わりにキャッシュバックを高額にして満足感を与えるような印象操作をしているところもあります。

申し込む代理店やプロバイダなどの窓口によって月額料金が変動するので、工事費やキャッシュバックや月額料金などすべてを踏まえた上で窓口を検討しましょう。

一番得する申し込み方法

ここからは、当サイト上部で解説してきた、キャッシュバックキャンペーンに優秀なプロバイダをさらに比較して最もお得なところを見つけていきたいと思います。

結果からいってしまうと、auひかりの一番得する窓口は「GMOとくとくBB」です。

もっとも得するauひかりの窓口を比較するためには以下のようなポイントがあります。

キャッシュバックの総額が高いこと、オプションなしでキャッシュバックを受け取れること、確実に振り込まれることなど。

ちなみに、下記の一覧以外にもプロバイダなどはたくさんありますが、キャッシュバック総額が3万円以上もらえるところのみを厳選しています。

また、auひかりでスマホセット割りを適用するためには、光電話に加入しなければいけないので、そういった点もすべて考慮した上での比較表となっております。

ちなみに、格安携帯を使っているお客さんはauのスマホセット割を使えませんが、光電話はお得なので、加入してもいいと思います。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

GMOとくとくBBなら、キャッシュバックキャンペーンの金額が高額な上に、毎月550円かかる光電話が2,3年無料になるのでお得です。

さらに、auのスマホを持っているのであれば、もっとお得になります!

GMOとくとくBBはキャッシュバックが手厚い!

GMOとくとくBBは有名なインターネット企業のGMOが運営母体のプロバイダで、auひかりの大量にある申し込み窓口の中でも圧倒的なキャンペーンを実施している選りすぐりのプロバイダとなっています。

GMOとくとくBBなら、auひかりのプロバイダの中でダントツで最高峰のキャッシュバックがもらえて、さらに高性能な市場価格で1,2万円くらいのWi-Fiルーター端末までもらえます。

auのユーザーが使える、スマホセット割り「スマートバリュー」に必要なオプションである、光電話を無料で付け加えてくれるので、かなりお得といえるでしょう。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの具体的な内容としては次のようになっております。

1,GMOとくとくBBの契約時に、GMOとくとくBBのメルアドを作成します。

2,回線契約した時を含む、11ヶ月目と23ヶ月目に専用アドレスにキャッシュバックの案内メールが送られてきます。

3,必要なことを入力してから返信すると翌月の末日には振り込んでもらえます。

auひかり公式キャンペーンについて

auひかりのキャンペーンについての質問点について解説しています。

1,オプションサービスにもキャンペーンなどはあるか

auひかりのテレビオプションに、ジャンルパックなどがありますが、2ヶ月間無料で視聴できるキャンペーンがあります。

好きなチャンネルなどをパッケージ化したジャンルパックというのは映画やアニメやスポーツなどがあります。

自分が好みの動画コンテンツだけを詰め込むことができて、1628円で毎月使えるようになっています。

他には、すべてのチャンネルを見ることができる、オールジャンルパックというものがありますが、こちらは月額2700円くらいとなっています。

2,5ギガプランなどの対象になっているエリア

5ギガ、10ギガなどの超高速ができるプランは戸建てのみとなっていて、対象の都道府県は関東のみとなっています。

auひかりは独自の回線を使っているので、通信速度や安定性に高評価があるので、該当エリアであれば快適なインターネットが出来ると思います。

auひかりのプロバイダは自分で納得してから申し込もう!

ここまでに、auひかりのメリットやマイナス面やキャッシュバックやおすすめのプロバイダなどについて解説してきました。

auひかりがやっているキャンペーンとしては、auが公式でやっているものと、プロバイダが独自でやっているものの2パターンがあります。

ちなみに、公式でやっている特典とプロバイダがやっている特典は並列で使用することができるので、二重に割引を受け取ることができるので、プロバイダなどから申し込んだ方がダントツでお得になります。

実施中のキャンペーンを比較してみたところ、GMOとくとくBBというプロバイダが一番お得です!

GMOとくとくBBなら以下のような特典を手に入れられます。

1,61000円ものキャッシュバック!

2,月額550円のひかり電話が2年以上無料になる!

3,高機能ルーター端末が無償でもらえる!

一度にこれだけ大量のキャンペーンが適用してもらえるプロバイダは他にないくらいお得です。

一番すごいのは高額なキャッシュバックと、安定した通信回線がメリットといえるでしょう。

また他にも、公式のキャンペーンとして、以下のようなものも受け取ることができます。

1,他の光回線からの乗り換えで解約金が負担してもらえる

2,光回線の引き込み工事費用が無料

3,スマートバリューがとってもお得!

これらのように、プロバイダの独自キャンペーンと、auの公式キャンペーンを併用することにより、ダブルでお得にauひかりを使えます。